読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休中にかんがえる。 ~私にとっての不妊治療・高齢出産~

KLC(加藤レディスクリニック)、新宿溝口クリニック(栄養療法)、セキムラ鍼灸医院にて不妊治療を経て41歳にて出産(2014年7月23日)。いま感じること、考えること、あれこれ。

KLCのエレベーター(余談)

不妊治療 KLC(加藤レディスクリニック)

なかなか更新できず、すみません。桜の芽がいっぱいに膨らんで、そろそろ咲きそうな気配ですね。ほんとに最近、空が明るくなりました。

 

さてKLCのエレベーター。どうでもいいっちゃいいんですけど、「ドアの開閉が早すぎる」って思いませんかいの~。たぶん、乗り降りする人が多いので、そういう設定になっているのかと思うのですが、最初は本当にあのはやさが不思議!でした。てか無駄にプレッシャー(笑)。私、何度も挟まれそうになったのですが…そして、「開」をあけて助けてくれるひとがいる…同じKLCに通う方々ですが…ありがとうございます、と今思い出しても言いたい。

 

新宿溝口クリニックに行く~卵子の質アップ大作戦①~

KLC(加藤レディスクリニック) 不妊治療 栄養療法(新宿溝口クリニック)

 

f:id:URARIA:20130413152419j:plain新宿溝口クリニックは新宿御苑の近く

 

【妊娠しやすいカラダづくり】【3】いい卵や精子を育む7つの習慣 ~インスリン感受性をよくすることがキーワード

上記のリンク、私には非常にためになった。

○歩く。朝日をあびて軽い運動をする。

○煙草やお酒をやめ、糖質(甘いものやパン、ごはんなどのでんぷん)の単品食べをつつしみ(血糖値が急激に上がるとのでホルモンの分泌に悪影響を与える)、バランス良く食べる。

○太り過ぎもよくないが痩せすぎもよくない。

○決まった時間(朝6時)に起きて、夜11時までには寝る。

○いつでも幸福な気持ちでいる(いっそつまんなくても笑う)…等々

うんうん、わかるよ、わかるぅー。だいたい、アラフォー美容の本とか、うつ病防止の本とかにも、驚くほどおんなじこと、書いてある!!!!

ああ、不妊に効くものはアンチエイジングと同じだったのか…(そしてうつ病も…!!)

でもさー。でもさ。

実現できない!!

運動も、食事も!!

意志が弱くて!!

おまけに!!

夜ねられない!!!

心がざわめいて!!!!

 

…というわけで、KLCの「体質改善とか意味ないから」的メッセージは無視し、自己責任でやれることをやれるだけやってみよう(でもw宗教とかマルチ商法とかにひっかっからないようにしよう)と…決意した私は…

KLCと同じ新宿にあって通いやすい

新宿溝口クリニック

に行ってみることにしました。

こちらの院長、溝口先生は精神科医。なので不妊治療がメインではないので、ちょっと勇気がいるのですが、結果としては問題ありませんでした。

ほかに栄養療法の病院としては下記も有名です。

不妊症、婦人科疾患の根本治療 - clinic HYGEIA(クリニック・ハイジーア)

こっちは原宿(表参道)だったし、ちょっとお値段も高そうだったので…(いずれにしても高価なんですが…がくり)

(実は1回行きました。モデルさんとかも来ている感じでオシャレな内装でした)

 

栄養療法とは何か?はこちら

妊娠への第一歩!知っておきたい、マンガで分かる不妊治療方法

http://www.omiya-lc.com/om.html

 ほかにも私、いろいろやっていたので、これが原因だとは必ずしもいえませんが、栄養療法サプリメント処方を受けて半年後に、KLCのクロミフェン周期で4つ同時採卵という驚きの好成績、そのうちのひとつで妊娠に至っています。

 

 漢方を試したことがあったのですが、効果のほどが分からず、病院が遠くて通うのも面倒でやめてしまったことがあります。漢方も保険外だとかなりの高額です。

 

こちらは、サプリメント処方の前に血液検査を行うので、妊娠につながるかは別として「効果のほどがわからない」ということはあまりありません(少なくとも数値が改善されるので…)。

そして…受付は(KLCが嘘みたいに)とっても感じがいいです。先生は…溝口先生は明るい…明るすぎる(笑)

 

 以下のどれかを読んでいただければ、栄養療法の考え方は、だいたいわかります。

 

35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!

35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!

 

 

 

35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!

35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!

 

 

 

赤ちゃんがほしい人のための栄養レシピ-知っておきたい妊娠するための体づくり栄養素 (池田書店の妊娠・出産・育児シリーズ)
 一冊買うなら、こちらの「赤ちゃんが欲しい人のための栄養レシピ」がおすすめ。著者は溝口クリニックの栄養カウンセラーです。

 

卵子、まるい、この不思議ないきものよ

KLC(加藤レディスクリニック) 不妊治療

KLCでは、採卵の後、培養士との面談があり、採取できた卵子を大きなPC画面で見せてもらえる。私はこの時初めて自分の卵子をまじまじと見た。

本に載っている通りのかたち! まんまるお月様にさらに小さい星がくっついているのようにも見え、なんて美しいんだろうかと思った。バカみたいに、自分の卵子を見てほれぼれとし、これが生命の神秘というものか…とすら考えた。これが自分の身体から出てきたなんて信じられないよ!…。

だが、しかーし。な、な、なんと、この「美しい」卵子は残念なことに<受精しなかった>。

数日後、電話で結果を聞いたとき、正直、ショックで一瞬、口がきけなかったことをおぼえている。あんなに見た目はよい卵子だったのに、関係ないのか。それに採卵の費用はかかったが、全部無駄になったのだ。チャリーン…。…      

医者に「げ、げ、げげげげ原因は何ですか?」と聞いたが

「受精率は通常でも8割程度ですので、こういうことは よ く あ り ま す」とクールな回答

「防ぐ方法はないんでしょうか?」

「以前の治療実績から特に受精障害が見られるわけではない、続 け て 起 き る こ と は 考 え に く い ので…次から顕微授精にする可能性はありますが。残念でしたが、間を開けず、次にいきましょう。卵胞の育ちが少し遅いので、次回からクロミフェンを服用していただきます」。  

卵子の老化、という言葉をよく見聞きする。赤ちゃんになる卵子は、母となる女性が生まれた時から体内にあるから、毎日つくられる精子と異なり、古くなるのはとどめようがないという論理で、たいてい不妊治療の現場ではそう説明される。ただし、卵子はすべて一様に古くなるのではなく、老化のはやい卵子もあればそうでない卵子もあるというように、ランダムに排出されてくる。

「ランダム」

これがキーワードである。KLCはこの「ランダム」にすべてを賭けて、明けても暮れても、採卵を行う。このこと自体は正しいのだろうが、では、患者側にはやれることはないのか? たとえば卵子の質を向上させる努力は?

卵子の質を良くする、そういったことはできないとされています。特にあなたにやっていただけることはありません(きっぱり)」

質問した方がこっぱずかしくなるほど、イライラするほど、クールな答えである。しかし、当事者のワタクシといたしましては、

続きを読む

私がKLC(加藤レディスクリニック)に転院した理由②

KLC(加藤レディスクリニック) 不妊治療

 

2012月10月初診。平日の昼間に行ったので、案外空いていて、びっくりした。混んでいる、という評判を聞いていたからなのだが、土日に限るようだ(土曜は特に混んでいて、難民キャンプ並みで心が折れます…笑)

さてさてKLCの評判は、両極端である。技術的に高度なのは誰しも認めるところ、その一方で、総じて事務的な対応に評判が悪い。医者もそうだが、看護師(若い人多し)もなぜか冷たい。これホント。KLCにだけは行きたくないという声も聞くぐらいだ。前述のMクリニックでは、私は結果が出なかったが、看護師さんの対応の優しさや声がけは身に染みた。。それはおいとくとして個人的に一番問題だと思うのは、患者のメンタルや体質などに対する、ほとんど無関心および冷笑的な態度…、

それでも私がKLCを選んだ理由は、以下の3つ。

 排卵誘発剤の使用しない、もしくは最小に抑える、自然周期採卵であること

②上記により、意外(?)に時間的拘束が少ないこと

間違っているにせよ、正しいにせよ、なんらかの「思想と実践」が感じられること

 夢クリでもよかったんですけど新橋より西新宿のほうが近かったので。交通の便(大事!!)

私がそれ以前に受けた体外受精IVF)は、アンタゴニスト法というもので、HCGという排卵誘発剤を連日注射する(アンタゴニスト法に限らないが)。一度にたくさん卵子が採取できるので、妊娠確率は上昇すると言われる(KLCはこの考え自体に否定的)が、私は刺激法でも4つしか卵が取れず…

排卵誘発剤を長期間使うと、卵巣が疲労して反応しなくなる(KLCの説)のも怖い、連日注射して4つなら、刺激法では一度行うと3か月は休みなのだから、4つなら、4ヶ月連続採卵しても確率はほぼ同じじゃないですか~。と思った。

それに、痛い注射や、術後にぼんやりとする麻酔がないことは、個人的にはありがたかった。

そして、その方が通院もラクなのである。刺激法では、採卵するまで「一大事」という感じだったが、KLCでは採卵したその日に、買い物もできるし、お茶もできるし、遅れて出社して仕事もできる…(私は午後出社していました…)。

そしてKLCには、よくも悪くもわかりやすい「方針」がある。それは「よい精子とよい卵子が確実に出会ってよい受精卵ができれば妊娠できる」というシンプルなもの。高齢不妊の大部分が、原因不明と言われるが、少なくともこれで受精障害、卵管機能障害はこれでクリアできるわけだ。そしてKLCの考える「よい卵子」を採取するための最良と思われる方法が、自然周期採卵であり、「確実に出会わせる」のが体外受精もしくは顕微授精の手わざ技術ということだ。症例が豊富なので、胚盤胞のクラス、着床率の説明なども明快だ。

初診の際、私は言った。

「FSHが16で、もう(自然?)妊娠は難しいかもしれないと言われたのですが」

医者の答え。

「確かにFSHが高いのはよいとは言えませんが、それは卵巣機能が衰えても卵子を出そうと頑張ってる証拠であって、卵子が出ないわけではない。ひとつでも赤ちゃんになれる卵子が得られれば、妊娠は可能です。つまり、気にすることはありません

 

気にすることない。

 

 え~?? え~!?!?ええ~っ!?

 FSH16で絶望しかけていた自分、前の病院と全く違ったニュアンスで言われて本当に(よい意味で)びっくりした。まあ、気にすることはないということは、気にしても仕方ない、という意味と同じだったのかもしれないが!!

その日じゅうに採血(たまたま生理3日目にいった)、採卵サイクルが決まった。

 

治療中に励まされた言葉「今、子どもを持とうと決意した自分を…」

不妊治療

不妊治療中は、いつももやもやとしていた。

その「もやもや」は年齢による焦燥感や先の見えぬ不安、加えて罪悪感のようなものも交じっており、そのことによって、感情はさらに複雑な化合物となっていた。それは過去の自分を責めるものであったり、あるいは義理実家や旦那に対して嫁(女)の自分を申し訳なく思う気持であったり…。もちろん、そんなことに罪悪感など感じる必要はないということはアタマではよぅくわかっている…夫も義両親も気を遣ってくれ、私が傷つくような言葉を発するどころかそのそぶりさえも一度も見せなかった。それでも、治療のため仕事を抜け出すときの、会社や同僚への申し訳なさも交じり、軽いウツのような状態になることもしばしばあった…。

そんな時の私が、ふとラクになった言葉がある。

今読むと、普通のことが書いてある、なんの変哲もない文章なのかもしれないのだが……ある漢方医の著作からです。

 

「子どもがいない自分を認める」

 

特に、長く不妊治療を続けているかたがたの中に、「子どもがいない」という事実を受け入れずこのができず、気が付けばいつもご自身を責めている姿をしばしばお見かけし、胸を痛めるとともにとても心配しています。

 

「子どもがいる」ということと「子どもがいない」ということは、今のあなたの状況を説明する単なる事実です。あくまでも、これまで生きてきた人生の結果でしかありません。そこに、よいとか悪いとか、立派とかそうでないとか、ましてや、男として、女としてどうとかいう価値観が入り込む余地はないように思われます。

(中略)

 この本の中で、何度も「加齢が不妊の最大の原因」だと説きながら、ここであえて申し上げます。

「妊娠の適齢期は、欲しいと思えた今まさにこのとき」だと。

子どもを作ることは目的でもゴールでもありません。

「もっと早く作っていれば」という後悔には、どこか、これまでの自分を否定して、子どもを作ること自体が目的となってしまっている空気を感じます。

(中略)

今、子どもがいない自分を認めてあげてください。

今、子どもを持とうと決意した自分をほめてあげてください。

そして、これから何ができるかは、ご一緒に精いっぱい考えましょう。

 

 

 「今、子どもを持とうと決意した自分をほめてあげてください」

私は、これが聞きたかった。どの病院に行っても、決して言われたことのない言葉。

オトナのくせに、ちょっと甘いと言われるかもしれない。

医療というよりカウンセリングの範疇だしね。

けれど、心と身体はつながっている。これは絶対、真実。

 

だから、治療中のひとは、できるだけ、ほんとうの意味で快楽的に過ごすべきだ。

この時間を、できるだけ心身ともに幸せに、過ごすべきだ。

あなたは、自分にもっと優しくして、いいんだ。

 

大阪の越田クリニックの志馬千佳先生。

私は、東京なので通院しなかったけれど(漢方自体は何度か試した)、この文章を読んだとき、心のもやもやが、少し晴れていくように感じたんですよ。だから、非常に恩義を感じているのです。上記引用は、P66ページより。

 

妊娠力をつける漢方レッスン―不妊治療とのダブルパワーで妊娠に近づく! (赤ちゃんが欲しいシリーズ)

妊娠力をつける漢方レッスン―不妊治療とのダブルパワーで妊娠に近づく! (赤ちゃんが欲しいシリーズ)

 

 

 

 

この2ヶ月で全部書く!

育児生活 不妊治療

息子が7か月になります…そして4月の認可保育園入園が決まり、育休もあと2か月…やばいでしょう。すみません。こんなブログでも、閲覧してくださる方がわずかですがいらっしゃることを考えますと、無責任な放置に心が痛くなってまいりました。

 

今、不妊治療でがんばっていらっしゃる方のことを思いますと、その方々の手を握りたくなります。ストレスが大敵であるというのに、ストレスなしでは行えないのが不妊治療です。お金もかかりますし、パートナーや職場との関係もギリギリまで追いつめられることだってあります。 

 

私は、不妊治療中、異常な検索魔になっておりました。それがよかったかどうか、必ずしもイエスとは言えないわけですが……でも、ネットで有益な情報を得たり、同じ治療を経験した方々の記録に励まされたり、癒されたりしたことが多々あります。なので、書こうと思ったんですよね。真剣に…書きます。これから!

 

 

私がKLC(加藤レディスクリニック)に転院した理由①

不妊治療 KLC(加藤レディスクリニック)

KLCの前に、約2年間通っていたM医院でのこと。二度目の移植が陰性に終わった後、久々に病院に行った私の前に現れたのは、それまで担当だった院長先生ではなく、新入りの勤務医の女性だった。年齢は、ほぼ私と同じか、もっと若い。

「もうすぐで39歳ですし、後がないですよね…もう、どうしたらいいのか…お金もかかりますし、ちょっと今、治療継続に迷いを感じています」

できるだけ冷静に…自分。

「…」

「こんなことを聞くのもなんですが、私が妊娠できる可能性はどのくらいでしょうか? おわかりになる範囲で、先生の…主観でけっこうですので、何かおっしゃっていただけないでしょうか」

ダメならダメと言って !もう辛くて死ぬよ! と本当は叫びたい気分。けれど医者はカウンセラーではない。心理的なフォローは期待しないほうがいいとわかっていても、どうしても、苦しい感情が漏れ出てしまう。

「そうですね…」

 女医はふっと視線をそらして手元のカルテを見た。

「生理三日目のFSHが16です。FSHの意味は理解なさってますよね…」

「はい…」

FSHは卵巣刺激ホルモンのこと。病院に初めて来たとき、私は生理開始3日目の「FSH=7」だった。「少し高めですね。卵巣の機能が衰えていますね」と院長に言われたのを覚えている。それから通院して2年間の間に、FSHの数値は7→16へと上昇してしまっていた。なんと倍以上である…。

「FSHは、10を超えると、自然妊娠する方は稀なんですよね…」

 稀。まれ。マレ、という単語が頭を駆け巡る。

「もちろん、可能性はゼロではないんですが。でも、FSHは一度、上昇するとほとんど元には戻らないので…転院してもいいかも…」

さいご、独り言のように女医は言った。

えっ!?

いまなんつった?

転院してもいい?

てか、転院しろってこと?

あれっ?なんで?でもそれって??

私は女医の真意を、わざわざ確かめなかった。でも何となくわかる気がした。この病院ではダメなんだ。なんだ、そういうことか。

早合点で勘違いか、わからないが、この人は新入りだからこそ言えることを言ってるんだ、とその時思った。あるいは、見放されたか。

この二年、私は何をやっていたのだろうか。

家に帰り、amazonで、有名な「不妊治療はつらくない」を注文した。

不妊治療はつらくない―むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける

不妊治療はつらくない―むだな検査や薬がふたりの赤ちゃんを遠ざける

 

 「不妊治療はつらくない」って、まあ、「不妊治療はつらい」ということを前提にしたタイトルですよね。まあ、その通りなのだが。

 しかしこれは、なかなか良い本です。感動的ですらある。一部、賛同できない部分もありますが(後述)。

もしもKLCに通院しようかどうか迷っている方がいたら、一読することをお勧めする。といっても、これは現在の院長でなく、先代の院長(創業者)が書いた本。だから、この本から受けた雰囲気を、現実の病院に期待すると、ちょっとガッカリするかもしれない。それから、病院に行くと初診のとき、無料で、もらえます(少なくとも2012年の時点ではそうでした。よって、私の手元にこの本は2冊あります)

参考:FSH(卵胞刺激ホルモン)-基準値・正常値のまとめ