読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休中にかんがえる。 ~私にとっての不妊治療・高齢出産~

KLC(加藤レディスクリニック)、新宿溝口クリニック(栄養療法)、セキムラ鍼灸医院にて不妊治療を経て41歳にて出産(2014年7月23日)。いま感じること、考えること、あれこれ。

KLCのエレベーター(余談)

なかなか更新できず、すみません。桜の芽がいっぱいに膨らんで、そろそろ咲きそうな気配ですね。ほんとに最近、空が明るくなりました。 さてKLCのエレベーター。どうでもいいっちゃいいんですけど、「ドアの開閉が早すぎる」って思いませんかいの~。たぶん…

新宿溝口クリニックに行く~卵子の質アップ大作戦①~

新宿溝口クリニックは新宿御苑の近く 【妊娠しやすいカラダづくり】【3】いい卵や精子を育む7つの習慣 ~インスリン感受性をよくすることがキーワード 上記のリンク、私には非常にためになった。 ○歩く。朝日をあびて軽い運動をする。 ○煙草やお酒をやめ、…

卵子、まるい、この不思議ないきものよ

KLCでは、採卵の後、培養士との面談があり、採取できた卵子を大きなPC画面で見せてもらえる。私はこの時初めて自分の卵子をまじまじと見た。 本に載っている通りのかたち! まんまるお月様にさらに小さい星がくっついているのようにも見え、なんて美しいんだ…

私がKLC(加藤レディスクリニック)に転院した理由②

2012月10月初診。平日の昼間に行ったので、案外空いていて、びっくりした。混んでいる、という評判を聞いていたからなのだが、土日に限るようだ(土曜は特に混んでいて、難民キャンプ並みで心が折れます…笑) さてさてKLCの評判は、両極端である。技術…

治療中に励まされた言葉「今、子どもを持とうと決意した自分を…」

不妊治療中は、いつももやもやとしていた。 その「もやもや」は年齢による焦燥感や先の見えぬ不安、加えて罪悪感のようなものも交じっており、そのことによって、感情はさらに複雑な化合物となっていた。それは過去の自分を責めるものであったり、あるいは義…

この2ヶ月で全部書く!

息子が7か月になります…そして4月の認可保育園入園が決まり、育休もあと2か月…やばいでしょう。すみません。こんなブログでも、閲覧してくださる方がわずかですがいらっしゃることを考えますと、無責任な放置に心が痛くなってまいりました。 今、不妊治療…

私がKLC(加藤レディスクリニック)に転院した理由①

KLCの前に、約2年間通っていたM医院でのこと。二度目の移植が陰性に終わった後、久々に病院に行った私の前に現れたのは、それまで担当だった院長先生ではなく、新入りの勤務医の女性だった。年齢は、ほぼ私と同じか、もっと若い。 「もうすぐで39歳で…

最初の病院(不妊治療クリニック)の話

最初の病院も最後の病院も、ネットで探した。ネットさまさまである。 口コミと、通勤ルートに近くて通いやすい…と2つの条件を掛け合わせて決めたのが池袋のMレディースクリニックだった。院長先生はベテラン。サブの女性医師は親切。受付のひとや看護婦さ…

35歳の誕生日を迎えるあたりから…

35歳の誕生日を迎える寸前あたりから、なぜか眠れない夜(笑)を迎えることが多くなってしまった。当時、理由はよくわからなかった。 仕事はそれなりにうまくいっている。 夫婦仲?に大きな問題はない。 趣味(ヲタク活動)も楽しい。 でも…なんだかちょっと…